・ブログ

ブログ

  • 2017/11/01
  • 専門分野

はじめての介護保険…介護サービスで助けてもらえる!こんなときやこんなこと

最近、おじいちゃんやおばあちゃんの暮らしに困ったことはありませんか?
お年寄りの生活の悩みは、介護保険が強い味方になってくれることがあります。要介護認定が受けられれば、介護のプロに相談しながらお得に様々なサービスが受けられますよ。

介護保険の基礎知識…要支援1~要介護5まで援助は幅広い
介護保険が利用できるのは、大きな病気になったり寝たきりになってからとは限りません。介護保険では、援助を求めるお年寄りについて、要支援1、2から要介護1~5までの7つのどの段階に当てはまるか、もしくは当てはまらないか(非該当)を個別に調査し認定されます。
例えば一番介護度の低い要支援1では、食事や排泄などはほとんど自分でできたとしても、生活に手助けが必要と認められれば認定される可能性があります。高齢者の症状は、一度「様子がおかしい」と感じても時に良かったり悪かったりすることも見られます。一緒に暮らしていないご家庭では、判別しにくいこともあるでしょう。暮らしにくさが見られたら、市役所または地域包括センターにまずは連絡してみましょう。

毎日の暮らしの3つのサポート
では実際、どのようなサポートが受けられるのでしょうか。大きく分けると、3つあります。
1.訪問サービス
買い物や掃除、入浴などは、毎日の暮らしに欠かせません。不自由はありませんか?訪問サービスでは、自宅に介護のプロが訪問してくれます。介護ヘルパーは要介護度に応じて、食事や排泄、衣類の着脱、移動の介助などの身体介護、さらに料理や洗濯などの生活の手助けをしてくれます。また医師の判断により、診察や看護師による処置、理学療法士などによるリハビリも自宅で受けることができます。
2.通所サービス
介護されるお年寄りだけでなく、同居している家族のためにも利用したいのが通所サービスです。施設にお年寄りが出向くことで、食事や入浴などの生活への支援やリハビリなどを受けます。施設では、専門家が高齢者が楽しめるプログラムを様々に用意しています。お年寄りにとっても家族にもよい刺激、息抜きにもなります。無理のないよう、始めましょう。また、数日から1週間程度入所するショートステイもあります。家族の病気や仕事、旅行などにも賢く利用しましょう。
 3.福祉用具のレンタルと購入
体の状態が変化し自力での行動が取りにくくなると、介護される人だけでなく、お世話をする人の負担も大きくなります。杖や車いす、ベッドなどのレンタルや購入にも、介護保険が使用できます。但し要介護度により、対象となる商品が異なります。
 
お得!使える!介護保険…抱え込まずにSOSを
 「何を利用していいのかわからない」という悩みには、ケアマネジャーがお年寄りと家族の声を聞いて希望に沿ったプランを作成してくれます。毎日の暮らしが楽になるサービスが要支援1なら、月50,030円を上限とした利用金額の1割(または2割)要介護5ならば、360,650円を上限とした1割(2割)と、お得な価格で活用できるのです。
家族だけで抱え込まないで。まずは、相談から。介護保険を活用して、家族の笑顔を守りましょう。

Recomendあなたにおすすめの記事はこちら

2017/11/04
<役立つ介護保険>毎日の暮らしをお得にUPさせよう!
高齢になると、足が上がりにくかったり、和式トイレが辛くなったり。大なり小なり、誰しも身体機能に低下が見られます。それは長年住み慣れた自宅であっても、不自由を感じるだけにとどまらず、思わぬ怪我をすることもあります。住宅での高齢者の危険なゾーンは、大きく分けると3か所です。お年寄りにとって暮らしやすい住宅環境について検証し、お得に解決できる方法を考えてみましょう。


住まいの3つのチェックリスト

1.廊下から玄関
廊下や玄関は高齢者の暮らしには特に、配慮が必要です。出入りすることに不安を覚えれば、外出も億劫になってしまいます。足腰の状態に気を配って、工夫を考えてみましょう。例えば、自力で歩けても安心はできません。廊下と三和土に段差が大きいと、足元が不安定になります。また廊下がフローリングであるならば、たとえこれまでは問題はなくても手すりがついていると安心です。さらに、車いすを使うようになると、段差は介助する家族にとっても大きなネックとなります。生活同線に不要な物を置いていないか、灯りは十分かについても、再チェックしてみましょう。

2.お風呂
お風呂は滑ると、大きな怪我につながることがあるため早くから入念なチェックが必要です。ご自身で入浴が可能な状態でも、段差や床材が滑りやすくないか確認しておきましょう。さらに季節によって寒すぎないか、暑すぎないか、急激な温度変化がないかについても注意してください。また、入浴に家族の手助けが必要な状態になると、浴室の広さは充分あるか、また出入り口についてもスムーズに行動できるか調べておきましょう。

3.トイレ
誰もが、トイレはなるべく自力でしたいと考えているものです。トイレを負担に感じると、体調に影響を与えることもあります。スムーズに利用できるよう和式から洋式への変更や、手すりを付けることも検討してみましょう。また、トイレは匂いが気になる場所でもあります。近年では、消臭や流し忘れ防止のための便器も販売されています。加えて車いすになると、スペースの確保やドアを引き戸か外開きにするなどを検討しなくてはなりません。ポータブルトイレなどの使用も含めて考えておきましょう。


住宅改修にも介護保険をお得に利用
これら住宅改修には、当然ですがある程度の費用がかかります。介護保険を利用しましょう。要介護度の区分に関係なく、住宅改修費の20万円を上限として9割が償還払いされます。利用は原則として1人1回ですが、要介護度が3段階以上重くなった場合、または転居した時には再度20万円までが上限金額となります。


快適に安全に暮らせる自宅へ

同居する家族にとっても、お年寄りが楽に暮らせることは負担を軽減することに繋がります。毎日のことだからこそ、自宅はより快適に安全に過ごせるように。よりよい方法をリサーチしてください。

2017/11/06
初めてのディサービス 探し方と選び方のポイントを教えます
今や、送迎車を街中で頻繁に見かけるようになり、ディサービスは一般的になりました。ディサービスは、お年寄りが施設に出向くことによって、日常生活の介護やレクレーションなどの機能訓練を行うものです。しかし、初めて利用するときには、不安も大きいでしょう。どんなことに気を付けて施設選びをしたらよいのか、そのポイントについて考えてみましょう。

探し方1:行政の窓口またはケアマネジャーに相談
お年寄りが外へ出なくなったり、食事や入浴が難しいなどの状況が見られたら、ディサービスを考えるタイミングかもしれません。家族の負担を減らし、安定した生活を維持するために、ディサービスは大きな支えとなります。まずは、市町村の福祉課もしくは地域包括支援センターに介護保険の申請を相談しましょう。認定された要介護度により、1割もしくは2割の負担でお得に活用できます。すでに介護保険を使用しているなら、担当のケアマネジャーに相談してみましょう。
探し方2:知り合いにリサーチ
体験している人の生の声は、本当に参考になります。地元を調査しましょう。「知らないところには…」と躊躇する人にも、知り合いがいれば初めの一歩がでやすくなります。


チェックポイント1.施設
ほとんの施設で、見学や一日体験をすることができます。2~3か所候補を選定し、家族が付き添い体感しましょう。掃除や消毒など衛生的か、また室温などお年寄りの体調管理にも気を配っているかチェックしてください。施設でのイベントや行事に関する情報公開をしているようなら、日常の雰囲気がつかみやすいかもしれません。加えて自宅からの距離だけでなく、送迎ルートにより実際バスに乗車する時間も質問してみましょう。
チェックポイント2.職員や利用者の雰囲気
最も大切なのは、現場職員と利用するお年寄りの相性です。ご本人の声にはしっかりと、耳を傾けてください。また、実際に来所しているお年寄りにも注目しましょう。お一人で過ごしていても、表情が暗くうつむいてませんか。できるだけ、全体の雰囲気を感じ取るようにしましょう。そのためには、職員の社会人としての基本姿勢、見学時の対応や言葉使い、身だしなみは最初のチェックポイントです。さらにたとえ業務でバタバタしていても、やり取りがとげとげしいものになっていないかなど。スタッフの雰囲気は施設そのものの空気となります。
チェックポイント3.サービス内容
お年寄りの体調は今後どのように変化するか、わかりません。送迎時にはスタッフが何人つき、玄関内まで送迎してもらえるのか、食事は持病や状態に応じて調節可能かどうかなど、それぞれの持病や体調によって質問を準備しておきましょう。また、ディサービスも金銭をやり取りする契約です。契約書の内容や重要事項、また料金や苦情対応に関する対処の仕方についても忘れず、確認しましょう。


焦らず、居場所を探そう
新しい環境に慣れ、顔見知りができて自分の居場所の一つと意識できるようになるには、1か月ほどかかるという声もあります。おじいちゃんおばあちゃんも、ディサービスの一年生です。焦らず、ゆっくり体調と相談しながら、進んでくださいね。

2018/01/19
新しいスタート

明けましておめでとうございます。
ポン・ヌフは1月1日から全力疾走です(笑)

 

ひっそりと三井住友さんの保険部門との提携が
進んでおりまして1月17日より保険代理店提携が
スタートしました。

 

沢山のご利用者様との関わりと地域との関わりを
もっともっと深めて行くという意味で介護と保険
の共通意識はとてもシナジー性の高い物だと感じました。

ミクロな矮小化した考えでは無くマクロ視点で今後は
私、山本自身も考え方を一新して行く所存です。

 

理想の介護は100人100色であっても間違いじゃない。
その理想を叶えるために働いている訳ですから。

私の理想はコロコロ変わるのでまだ着地点を見つけられ
ていないという意味ではまだまだ成長の余地がある!!
と前向きに考えて日々楽しませて頂いております。

 

平成30年は自分自身の構築を柱に今まで以上の
努力・根性・忍耐・愛嬌で駆け抜けたいと思います。
本年もどうぞ至らぬ山本を宜しくお願い申し上げます。

戻る